不妊症を改善するための知識TOP > 不妊症の原因になること > ストレスの多い生活

ストレスの多い生活

 
不妊症になる原因のひとつとして、ストレスの多い生活を続けていることがあげられます。特に女性においては、ストレスの過多が不妊の原因となる可能性があります。そのメカニズムは、ストレスを感じることでホルモンのバランスが崩れることになり、そのことが不妊をひきおこす原因になるのです。また、ストレスに対して対抗手段をとろうとする体内の器官は、生殖活動を行なう器官と同じものが多いため、ストレスの影響を直接受けることで不調を起こし、不妊の原因につながるのです。特に過度のストレスがかかると、それに対抗しようとして脳下垂体より副腎資質ホルモンが分泌されます。そして、妊娠するために必要とされている性腺を刺激するホルモンもこの脳の同じ箇所から分泌されるのですが、ストレスに対しての対応が優先されて副腎資質ホルモンの分泌行動が活発になってしまうため、生殖、つまり妊娠のために必要なホルモンの分泌が十分になされないこととなり、妊娠が困難になります。そして、妊娠しないことでまた新しいストレスがたまることとなり、悪循環に陥ってしまうことになります。また、ストレスが過多になることで血管が収縮し、血流が悪くなることで生理不順などを起こし、排卵に悪い影響が及ぶといったことも、ストレスが不妊の原因となるひとつだと言われています。

ストレスの解消で不妊を改善しよう


不妊症を改善するためには、ストレスの軽減や解消が必要になります。ストレスの少ない健康的な生活を送ることが必要になりますが、なかなか難しいと思われる方も多いものと思います。しかし、まずは不妊に対してのストレスをなくすことを考えましょう。妊娠しないことを気に病んでストレスをためることが、さらに不妊の原因となることを理解してください。妊娠のための性行為をする際にも、「妊娠しなければ」と思いつめてそれに臨むことはよくありません。夫婦がお互いに愛情を確かめ合うスタンスで妊娠のことは頭からはずしておくことがいいでしょう。
 

関連記事

年齢の高さ

一般的に、女性には妊娠適齢期といった年齢があり、それを超えると妊娠が難しい体質になってしまいます。さらに年齢が高くなると、閉経するため妊娠ができないことになります。妊娠可能な年齢は...

ストレスの多い生活

不妊症になる原因のひとつとして、ストレスの多い生活を続けていることがあげられます。特に女性においては、ストレスの過多が不妊の原因となる可能性があります。そのメカニズムは、ストレスを...

中絶手術

中絶手術が原因で、不妊症になることもあります。これはまず、中絶手術の際に器具で子宮内を傷つけてしまったことなどが原因となるようです。その傷によって子宮内に炎症が起こり、大きなダメー...