不妊症を改善するための知識TOP > 不妊症の原因を理解しよう > 男性に原因がある不妊

男性に原因がある不妊

 
不妊は必ずしも女性にのみ原因があるわけではありません。男女、すなわち夫婦両方に原因があることもあれば、男性の側のみに原因があることも多々あります。男性の側の原因ですが、精子に異常がある、精子をうまく放出できない通路障害、性交ができない性交障害、といったことがあげられます。

まず、精子そのものに異常があるケースですが、先天的な性染色体の異常によってホルモンの均衡が崩れるクラインフィルター症候群があります。その症状により、性交は普通にできるのに、子供を作るために必要な精子を作れないといったことになります。

次に、停留睾丸によるものがあります。睾丸が陰嚢の中に降りてこず、腹部やそけい部に停留しているため精子を作る能力が低下してしまうものです。また、成人後におたふくかぜにかかることによって睾丸炎を起こし、妊娠能力を持つ精子を作れなくなってしまうことがあります。次に、睾丸の後ろから伸びている静観と血管が束になった精索の静脈にこぶができた精索静脈瘤による精子の発育不全、お酒を飲みすぎることによって精子に異常が起こる、タバコの吸いすぎが原因となる精子の奇形など、生活習慣の問題が不妊につながるケースもみられます。

次に、精子の通路障害ですが、精子が通る精管や尿道に結核菌や淋菌などによる炎症が起き、つまったり狭くなることで精子が放出されにくくなる、先天的に尿道が細くなっているなどの原因で、精液が放出されにくい状態のことをいいます。

もうひとつ、性交障害ですが、これは正常な性行為ができない状態のことをいいます。勃起が起こらない勃起障害(インポテンツ)、早漏、遅漏などがあげられます。先天的な性器の奇形や発育不全、病気やけがなどが原因となる場合もありますが、ストレス過多などのメンタルの面が勃起障害を引き起こす原因になることも多くあります。男性器の勃起が起こらないために射精ができないといった場合は、ストレスをできるだけ緩和することと、女性の側の理解や愛情がその症状回復の大きな力になるはずです。
 

関連記事

女性に原因がある不妊

不妊の原因にはさまざまなものがあります。男女どちらの側にも考えられる原因がありますが、今回は女性の側の原因について述べてみます。まず、女性の不妊については大きく3つの原因があげられ...

男性に原因がある不妊

不妊は必ずしも女性にのみ原因があるわけではありません。男女、すなわち夫婦両方に原因があることもあれば、男性の側のみに原因があることも多々あります。男性の側の原因ですが、精子に異常が...

原因不明の不妊

原因がわからない不妊症もあります。医師による不妊症の診察や検査を行なっても、夫婦ともに特に悪いところ、つまり不妊の原因となる部分が見当たらない、そのようなことがあります。何も原因が...