不妊症を改善するための知識TOP > 不妊症の原因を理解しよう > 原因不明の不妊

原因不明の不妊について

 
原因がわからない不妊症もあります。医師による不妊症の診察や検査を行なっても、夫婦ともに特に悪いところ、つまり不妊の原因となる部分が見当たらない、そのようなことがあります。何も原因がなく、性行為を続けているにもかかわらず妊娠しない、このような状態は「原因不明不妊」あるいは「機能性不妊」とよばれています。この原因不明不妊の状態になっている人は、不妊症になっている方全体の10から35パーセントを占めるといわれています。原因がわかれば、それに対しての対応策をとることもできるのですが、原因がわからないとなれば何をすればいいのか、どうすれば不妊を改善できるのかがわからず、あせる気持ちばかりが高まるといったことになってしまいます。

しかし、病院等での診察によって「原因がわからない」との診断をされても、別の病院で検査を受けると何らかの原因が見つかるケースもまた多くあります。これは、病院や医院ごとに不妊の検査がまちまちであり、統一された検査項目がないことによります。精密検査などで詳しく調べるところもあれば、簡単な検査ですませるところもあるのです。特に腹腔鏡検査をはじめとする精密検査によって、原因不明とされていた診断に対して、何らかの原因が判明することも多くあります。それらをふまえて、基本的な検査をした時点で原因がわからなかった不妊症を「機能性不妊」、さらに精密検査をしてもやはり原因が判明しなかった不妊症を「原因不明不妊」と称することもあります。

しかし、原因不明不妊と診断されても、その後特に何かの治療をしなくても妊娠するケースも多くあります。およそ6割がそうなります。原因不明不妊と診断されると、「精密検査まで受けても原因がわからない」と悩む方も多いでしょう。しかし、原因が見つからないといって、すぐに人工授精や体外受精などを考える必要はありません。何らかの隠された原因があるものと思われますし、特に体に問題がないといった場合は精神的な部分での原因が考えられますので、「きっとそのうち妊娠するだろう」とリラックスしてその日を待つほうがいいのではないかと思うのです。
 

関連記事

女性に原因がある不妊

不妊の原因にはさまざまなものがあります。男女どちらの側にも考えられる原因がありますが、今回は女性の側の原因について述べてみます。まず、女性の不妊については大きく3つの原因があげられ...

男性に原因がある不妊

不妊は必ずしも女性にのみ原因があるわけではありません。男女、すなわち夫婦両方に原因があることもあれば、男性の側のみに原因があることも多々あります。男性の側の原因ですが、精子に異常が...

原因不明の不妊

原因がわからない不妊症もあります。医師による不妊症の診察や検査を行なっても、夫婦ともに特に悪いところ、つまり不妊の原因となる部分が見当たらない、そのようなことがあります。何も原因が...